浜松市のキッチンリフォーム、お風呂リフォーム、トイレ交換なら水廻りリフォーム専門店のかえるHOME

かえるHOMEがお伝えする☔雨漏り対策①

皆さんこんにちは!

浜松市で水まわりリフォームを中心にご提案するかえるHOME🐸です。

 

梅雨の季節、雨によって濡れている箇所があるのに、原因のわからない雨漏りに悩んではいませんか?

雨漏りを放置すると、お家の内部の腐食を進行させてしまう恐れもあり、早急に対処する必要があります。

 

そこで、今日から3日間にわたり、雨漏りのメカニズムから主な原因、そして自分でできる対策や応急処置方法~それでも解決しなかったら…??をご紹介していきます。

基礎知識を持つことで、地域の皆さまの雨漏りに関するお悩みを解消できたらと思います。

1日目の今日は、「雨漏りのメカニズムについて」です。

 

1. どうして雨漏りが発生するのか

1-1.雨漏りのメカニズム、実は雨漏りの原因を探るのは難しい

雨漏りした天井

「雨漏り」とは、雨水が建築物のどこかから漏れ出し家の中に滴り落ちてくることです。

雨漏りと聞くと、屋根を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、現在では屋根材や工事技術の開発もあり、

屋根よりむしろ壁や窓のサッシ、壁を貫通する給排水管の隙間から水が浸入するケースも少なくありません。

屋根をつたって滴り落ちてきた雨が壁の欠損箇所から侵入してきた場合、

その侵入箇所と内部で沁みができている箇所が離れている場合が多く、専門知識があってもなお欠損箇所の特定はとても難しいです。

さらに、水が滴り落ちた箇所はあるにもかかわらず、どこにも外部に欠損箇所が見つからず、

最終的に雨漏りではなく「漏水」または「結露」が原因だったというケースもあります。

もちろん、雨漏りとそうでないものでは修理方法も変わってきます。

 

1-2.水の使用がないのにメーターが回っていたら、「漏水」かも

漏水

では、雨漏りと漏水では何が違うのでしょうか。ずばり、「漏れているものが雨水ではない」ということです。

たとえば、洗面所や浴室、建物内部の水道管・エアコンの排水管に欠損があり、そこから水が漏れだしている等です。

水の使用がないときにメーターが回っている、いつもと使っている水の量は変わらないのに、

水道料金の請求額が高くなったという場合は漏水の可能性が考えられます。

 

1-3.「結露」は適切な換気で防ぐ

結露

外部に欠損があるわけでも、水道管・排水管に欠損があるわけでもない。

でも、雨漏りらしき箇所があると言う場合は結露かもしれません。結露は、あたたかく湿った空気が冷たいものに触れたとき発生します。

空気が冷たいものに触れたと言っても水蒸気の量が少なければ結露は発生しません。

つまり、原因となる水蒸気を控えることで結露を防ぐことが出来ますが、ストーブを使わない、

観葉植物を置かないなどかなりの制限を受けることになる上に、人間もまた水蒸気を発生させます。本当に結露対策で必要なものは、適切な換気です。

寒いからと部屋を一日中締め切っていたり、共働きのため昼間に家を締め切っていたりしていませんか。

せめて、就寝前に換気をして、水分の少ない外気と入れ替え、室内温度を下げることで結露は生じにくくなります。

 

浜松でお風呂・キッチン・トイレなどの水まわりのことはかえるHOMEまで!

もちろん、雨漏り診断/修理も承ります👍

是非、お気軽にご相談くださいませ。

 

◎ご相談はコチラ⇒ http://kaeru-home.com/contact/
◎お電話でのご相談はコチラ⇒見積無料・相談無料 0800-700-3739

  • 来店予約
  • 無料見積
お電話でのお問い合わせ

かえるHOMEのことをもっと知ろう

かえるHOMEってどんな所?
無料相談・お見積り
来店予約
お客様の声
ショールーム案内
インスタグラム